スポンサードリンク

2016年11月04日

もものすけ

22775C1A-95A2-4AA3-B9B5-81392E7578C5.jpg


5ABBDCEC-EBC7-4E8D-B27F-871C923DF3F0.jpg



posted by 沼田蛙子 at 23:07| 厦門 | TrackBack(0) | かぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早春なばな


2DC17185-3F41-414C-8C19-EA4E7197E151.jpg


181FD262-3638-4BBE-AED4-5F0CCD6B6012.jpg
posted by 沼田蛙子 at 22:43| 厦門 | TrackBack(0) | なばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

野菜を植える前にすること

土.JPG


野菜がすくすく育つ環境を整えるポイント

土を耕す
スコップや鍬で土を深さ30pくらい掘り起し、細かく砕く。
1 天地を返す。
2 雑草、石、ごみなどを取り除く。

酸度の調節
多くの野菜は弱酸性(pH6.0〜6.5)を好む。
1 酸度測定器 で土の酸度を調べる
2 pH6.0未満の場合は、酸度を調整する。
  植えつけの1カ月前に、
  石灰(苦土石灰)1uあたり、100〜150g を撒き、
  軽く混ぜ合わせておく。
  
堆肥で団粒構造をつくる
  酸度の調整後2週間ほど経ったら、
1 1uあたり、2kg程度の堆肥を混ぜる。
  堆肥が土に混ざり大きな粒(団粒構造)を作ることで
  土と土の間に隙間ができ通気性や水はけがよくなる。
2 堆肥は水分や養分の保持に役立つ。
  植物に必要な土の環境を整える微生物の住処となる。


肥料を施す
1 植物が育つために必要な養分を土に漉き込んでおく
  有機肥料の牛糞、鶏糞、油かす、骨粉など。
  育てる野菜によって施す種類や量が違う。
  無肥料でいい場合もある。







posted by 沼田蛙子 at 22:01| 厦門 ☁ | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする